ニキビや多汗症まで様々な悩みを解消|仙台の美容皮膚科で治療が可能

婦人

背中・二の腕のぶつぶつ

看護師

自分では見えにくい箇所ですが、背中や二の腕にぶつぶつができた経験はありませんか。夏に水着を着るときや、結婚式にドレスを着る際に見えてしまうこともあります。自分では見えづらくても、人目につく場合もあるので気になりますよね。この症状も仙台の美容皮膚科で治療することはできます。このぶつぶつの原因は、毛穴に古い角質が詰まることが原因で、時間が経つと皮膚が盛り上がり、ぶつぶつとなるのです。触るとざらざらした感触で、赤っぽくなることもあります。このぶつぶつは、毛孔角化症などと呼ばれます。この毛孔角化症は、背中や二の腕にできることがほとんどですが、まれにヒップにできる場合もあるので、気づかない場合がほとんどです。鏡を見たり、家族に指摘されて気づくことがほとんどです。仙台の美容皮膚科にもこの毛孔角化症に悩む方がよく訪れます。

そのままでも身体に害はないのですが、気になる方は仙台の美容皮膚科でも施術を受けられますので、まずはカウンセリングを受けて相談してみましょう。治療法としては、細い針を使用した専用機器で施術する方法があります。大きな流れとしては、専用機器でぶつぶつ部分に小さな穴をあけていきます。怪我をしたときに、時間が経てば肌が再生していくのと同じように、ぶつぶつ部分の肌も正常な状態に再生していく効果が期待できます。専用機器で施術を行なった後は、冷却して安静にするというのが施術の大きな流れです。針で穴をあけると聞くと怖いかと思いますが、施術前には麻酔も行ないますので大丈夫です。この施術法は、治療する箇所や回数によって料金が変わります。仙台の美容皮膚科によっては、初回の施術料金が割引になるところもありますので、インターネットなどで調べておくと良いでしょう。身体に害はなくても、触った感じや見た目が気になる方は治療をおすすめします。